スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【暗流 公益法人仕分け】免許講習利権にメス 勤役員全員天下り(産経新聞)

 ■教本収入32億円

 公益法人などを対象にした政府の「事業仕分け第2弾」後半戦が始まった20日、財団法人「全日本交通安全協会」が携わる運転免許更新時講習の“利権”が取り上げられた。毎年約1500万人のドライバーが利用する講習の資料作成は、協会がほぼ独占する事業。仕分けでは「協会の独占を廃して、コスト削減をすべきだ」と判定された。

 ◆「資料活用されず必要ない」

 安全協会には平成20年度まで、国から毎年約1千万円の補助金が支出されていた。常勤役員5人のすべてが元官僚。常勤職員29人のうち3人も警察庁からの天下りだ。

 講習手数料は700円から1700円で、別途更新手数料として2550円を払わなければならない。講習時に毎回資料が配られるが、20年度はすべての都道府県で、安全協会の教本を使用。納入冊数は年約1400万部に上り、仕分け人は「隠れたベストセラー」と皮肉った。

 協会側は「安全意識を高めるために資料は必要だ」と説明したが、仕分け人側からは「実際の講習は視聴覚教材などによる講習が中心であり、資料は活用されておらず必要ない」と断じた。

 さらに、協会の調査で、講習時に配布された資料の約4割が捨てられてしまい、持っている人でも半分が読んでいないことが判明。仕分け人の蓮舫参院議員は「読んでもらえるよう努力しているのか」とあきれた。

 安全協会の20年度の収支報告書によると、協会の事業収入は約37億円、そのうち「講習用教本」の収入が約32億円と大半に上る。仕分け人がこの日提出した資料では、優良運転者講習料1人当たり700円の内訳は、人件費が300円、資料費は315円。

 仕分け人側は「ある県では『警察庁の監修で当協会が発行しており、ほかからは購入できない』ことを随意契約の理由として公表している」とした上で、「協会が独占受注する構造になっている」と強調した。

 また、資料内容をインターネット上で公開すれば、資料を配布する必要がないことが指摘され、協会側は「著作権の問題があるので…」と苦しい弁明に追われた。

「対北追加制裁検討を」 自民・谷垣氏(産経新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>利益どこへ 市場縮小、業者「圧力」背景か(毎日新聞)
自民が官房長官に対北朝鮮対応で申し入れ (産経新聞)
裁判員制度 裁判官も「良い経験」…東京高裁で意見交換会(毎日新聞)
<事業仕分け>競輪2事業「廃止」…後半3日目(毎日新聞)
スポンサーサイト

小4女児、プールでおぼれ重体=遠足で訪れ―宮崎(時事通信)

 14日午後1時40分ごろ、宮崎県延岡市長浜町の遊興施設「ヘルストピア延岡」の流れるプールに、遠足で訪れていた同市立東小学校4年の女児(9)がうつぶせで浮いているのを監視員が見つけ、別の職員を通じて110番した。女児は病院に運ばれたが意識不明の重体。県警延岡署が原因を調べている。
 同署によると、プールは1周約100メートル、幅約3メートル、水深約110センチ。女児は身長124センチだった。
 当時、女児を含む同校の4年生97人のほか、別の小学校の児童139人もプールに入っていた。東小の教員4人がプール内外で監視していたほか、施設の監視員も4人いたが、女児がおぼれていることに気付かなかったという。 

正面衝突19年、信楽高原鉄道とJR西の社長出席し法要(産経新聞)
<脅迫>小学校に包丁1本と警告文送られる 東京都江戸川区(毎日新聞)
沖縄 平和行進スタート 名護市長も出席(毎日新聞)
偽1万円札でパンと飲料水、82歳男逮捕(読売新聞)
<CO2濃度>過去最高 国内3地点(毎日新聞)

「GReeeeN」の街にグリーンカレー(読売新聞)

 GReeeeNの街で、グリーンカレーはいかが? 

 福島県郡山市のまちづくりを考える経済人らが同市ゆかりの人気音楽グループGReeeeNにちなんでグリーンカレーの愛好会を結成、趣旨に賛同した市内の14店舗が今月から、それぞれのオリジナルメニューを提供する。まずは「みどりの日」の4日に試食会を開催、郡山発のご当地グルメとして県内外に発信していく。

 郡山市は、「キセキ」や「愛唄」などのヒット曲を持つ4人組のGReeeeNが市内の大学に通っていたことで一躍注目されるようになり、昨年3月にはメンバーの足型などのモニュメントがJR郡山駅前に設置された。

 まちおこしにご当地グルメの開発を検討していた市や有志らがこの人気に着目、市内の飲食店主らと協議を重ねた結果、家庭でも調理しやすいカレーを「グリーン」にすることを決めた。

 ほうれん草やブロッコリーなどで緑色っぽくするほか、具に特産のコイや野菜などを使い、地産地消をアピールする。家庭で取り入れてもらえるよう、店のレシピを公開するほか、参加店のマップ作りやルーの商品化も目指す。

 4日の試食会では、9種類のグリーンカレー計500食を用意。黒毛和牛の「うねめ牛」や郡山産米「あさか舞」などが当たる抽選会もある。GReeeeNは登場しないが、愛好会代表の山口松之進さんは「郡山と言えばグリーンと答えが返ってくるような食メニューにしたい」と意気込んでいる。

 試食会は午前11時30分から、JR郡山駅西口駅前広場で行われる。

桑原武夫学芸賞に坪内稔典氏(時事通信)
ヤフーと中国最大手 ネット通販を一体化(産経新聞)
14歳少女の心移植成功=渡米の寺町沙也さん(時事通信)
将棋 封じ手は「4四銀」 名人戦第3局(毎日新聞)
格差是正へ雇用基本法=参院選公約に盛り込み検討-民主党(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。